沖縄ダイビングは国立公園の慶良間、座間味は如何

周囲を海に囲まれている我が国日本では、何処でもダイビングは可能です。 ご承知のように国内有数のダイビングスポットといえば、亜熱帯の島国、南国沖縄のダイビングでしょう。 気候的にも年中温かい沖縄の海は、魚の種類も多く、色鮮やかな数も多いのが魅力でしょう。 しかし、ダイビングを楽しむためには当初はガイド役や案内役が必要です。

ダイビングスポットは沖縄本島が観光などを含めてダイビング等の楽しみを同時に味わうことが出来るのが特長でしょう。 しかし、沖縄ダイビングスポットといえば、本島ばかりではありません。 実は、御存知のように慶良間諸島は数年前に国立公園にも指定されている綺麗な海の代表として認定されているほどです。

慶良間諸島では国立公園をコンセプトに「世界が認める素晴らしい恋する海」として、海の環境保全や周辺海域の美化が進められ、ダイビングスポットとしても益々注目の地域となっているのです。 此のような慶良間諸島の中でも、特に注目をされているのが座間味群島はお勧めのスポットとして地元でも大いに推奨しているところです。

座間味はテレビなどでも紹介されていますが諸島の豪快な地形を活かしたダイビングスポットが多数あるところです。 其の中でも、何と言ってもザトウクジラのウヲッチングやウミガメが悠々と泳ぐ姿も見られ、兎に角、出会える魚や生き物達も多種多様なのです。

其れに、座間味は海の透明度が非常に高く、初心者子供たちでもシュノーケリングで十分楽しめるほどの透明度の高い美しい海が魅力なのです。 而も、本島の那覇からも高速船で凡そ1時間というアクセスの近さは魅力ですし、シーズン中はザトウクジラの姿を眺めることもできます。 世界屈指の美しい海域とされる座間味の海、ブルーの海域を体験しては如何でしょうか。